8/5(金)日本民謡のフルート四重奏編曲の初演がございます

お久しぶりです。長谷川ゆきです。 大変な世の中がつづきますが、皆様にはお変わりございませんか。 昨年に続き委嘱を頂きまして、今年は日本民謡の編曲初演がございます。 【日本クロアチア音楽協会 第26回例会】「真夏の夜空に煌めく音の星たち フルートで奏でる愛と人生の詩」2022年8月5日(金)19時開演東京・五反田文化センター音楽ホール ・3つの日本民謡「お江戸日本橋・会津磐梯山・八木節」(フルート四重奏+ピアノ版編曲:長谷川ゆき)初演・ペヤチェヴィッチ「7つの歌」(フルート四重奏版編曲・歌詞翻訳:長谷川ゆき) 朗読付き再演 他出演:フルートカルテット津々浦々(フルート:秋元茉里、大塲なつき、白﨑 […]

ペヤチェヴィッチ 曲集 I・II 合本版(フルート四重奏用編曲:長谷川ゆき)

ぺヤチェヴィッチ作品集 / フルート四重奏(3Fl+Alto Fl)の為の長谷川ゆきによる編曲

ドラ・ペヤチェヴィッチは、1885年ブダペストに生まれ、1923年ミュンヘンで亡くなったクロアチアのロイヤルファミリーの作曲家です。■曲集 I は、比較的平易な初期の小品2つと、最晩年の際どい和声使いが胸に迫る「瞑想曲」の計3曲を収録しています。■曲集 II は歌曲集です。ヴィルヘルミーネ・ヴィッケンブルグ=アルマシー伯爵夫人(1845-1890)の詩集から選ばれた7つの愛の詩は、一貫した精神性を持ちつつ変化に富み、曲想も自由な和声や拍子割で豊かに表現されています。
フルート四重奏への編曲は、日本クロアチア音楽協会様の委嘱により2021年7月に完成しました。