チェロが上手く聞こえる「フランクのソナタ」ピアノパートアレンジby長谷川ゆき

チェロが上手く聞こえる「フランクのソナタ」ピアノパート音域アレンジ楽譜<2020新刊>(個人向け販売)​

「音楽の友」誌上で絶賛された「パリ・オペラ座 第1首席奏者オレリアン・サブレ チェロリサイタル」で演奏されたフランクのソナタのチェロ用ピアノパートアレンジが出版楽譜になりました。

お持ちのチェロパート譜がそのまま使えます!
(パート譜ダウンロードも可能)

サイズ:A4
ページ数:40ページ(解説付き 日本語・英語併記)
綴じ方:中綴じ

価格:2,980円(税込)+送料430円

(3〜6平日で発送・日本国内のみ 海外やお急ぎの場合はAmazon版をどうぞ)

↓株式会社ブックフロントのご注文フォームに遷移します。ブックフロントからの発送完了メールにご購入者専用サイトへのご案内が含まれますので受信できるようにしてご利用下さい。
専用サイトではパート譜PDFや、巻末に収まらなかった注解をシェアして参ります。
ブックフロントには私自身も2016年からたくさん注文しています。市販の本と同じでとてもきれいな仕上がりです。

楽天ID決済(R Pay)、PayPal、カード、コンビニ決済が使えます

●チェロがppまで使って歌えるよう、従来の音域重複を回避、ソプラノ不在の部分も少なくなり、自然な響きの広がりを実現
●離れすぎた音域での掛け合いを回避

ピアニストにも親切
●ピアノ譜のチェロパートはト音記号とヘ音記号のみ。
●Delsart氏の初版チェロパート譜にあるリハーサル番号や、ベーレンライター, ヘンレ各社と同じ小節番号も記載。チェリストとピアニストが別の版でも合わせがスムーズ。
●ページ割付・譜めくり位置は見慣れた初版と同じ。

コンサート後、誰もアレンジに言及しなかったほど自然なアレンジ!

* 個人利用限定価格。図書館・団体への貸出・寄贈・転売不可。団体でのご購入はお問い合わせ下さい。

編曲者、ボン・コンセール出版代表  長谷川ゆき略歴:

編曲者、指揮者、ピアニスト。 2019年には日本クロアチア音楽協会例会に再客演し日本初演曲を指揮。室内楽奏者として20世紀初頭の実験的和声作品に意欲的に取り組み、レコーディングも行う。また、管弦楽器イベントの審査員や公式ピアニストを務める。

仏・伊・墺・洪にてピアノ・室内楽・指揮でコンクール優勝・入賞。国立音楽大学ピアノ専攻、パリ国立地方高等音楽院作曲書法科、管弦楽法科、室内楽研究科、ミラノ市立クラウディオ・アバド音楽院指揮科修了。リヨン国立高等音楽院作曲書法科にも学ぶ。

管弦楽法をメシアンの高弟アラン・ルヴィエ、ピアノをティエリー・ユイエ、ドイツのアルヌルフ・フォン・アルニム、室内楽をジャン=ピエール・サブレ(パリ・オペラ座コンサートマスター)、エリック・ル・サージュ、ポール・メイエ他に師事。

フランス政府より「能力と才能」ビザを受給。(株)プロアルテムジケ協力アーティスト。 IMRO作編曲家会員。 https://yukihasegawa.com