Reviews

In addition to critics’ reviews, we also summarize the audience’s impressions published on the internet.

Some comments are waiting to be translated, sorry.

この投稿をInstagramで見る

昨日の夜🌃✨ 五反田メッセ🎵すぐちかくの 五反田文化センター 音楽ホール❇へ伺わせて頂きました❗ . 指揮者の長谷川 ゆきさんと、日本クロアチア音楽協会主催によるコンサートへ、、 . クロアチア(旧ユーゴスラビア圏)は、回りは❗ハンガリー等いくつもの国と国境を交える東欧の国🎵 . 今回ご一緒の「モスト室内管弦楽団」プロのオーケストラ🎵 「モスト」とは、クロアチア語で"架け橋"を意味すると、、 . 内戦など、、(/。\)、 音楽が人々の切なる想いを繋ぐ羽となり❗ 平和への架け橋となることを願ってやみません(’-’*)♪ , 若き息吹きと、、 爽やかな、透き通った海🌊のように、、 響く音色に🎵 心にあたたかな☺大切な物を授けて頂きました🙇 . 日本は四方を海に囲まれているし、、国境というものの大きな意味に思いを馳せながら、、 平和と言うものは、、 当たり前でない❗というものだと✨考えながら、、 電車に揺られつつ、 帰路に着きました゜゜(´O`)°゜ . 日本とクロアチアの更なる友好を願っています(’-’*)♪ 素敵(*´ω`*)な演奏会🎵 ありがとうございました🙇 ホール❇の波🌊のような、、 羽のような✨、、 美しさにも、 そして🎶 ゆき先生の指揮されているお姿にうっとりしてしまいました😌💖🙌👏👏👏 ←ここ大事ですね(*´ω`*)、、 謙虚さと、 柔らかで気品あるイタリアの風🍃が頬を掠めていったように❗想います💖 . #五反田文化センター #音楽ホール #クロアチア #クロアチア音楽協会 #古典派音楽 #新古典主義 #長谷川ゆき さん #安達朋博 さん #本郷幸子 さん #モスト室内管弦楽団 #モスト #架け橋 #時に感じるベートーベン風 #モーツァルト #ジュノム #キラキラ #日本初演 #シンフォニエッタ #清らかさの中に #溢れる一筋の強き光 #そこもベートーベン🎵にも似たり #お世話になりました #ありがとうございました❗ #シナカモン #可愛いなぁ❗ #ゆるキャラ

たえたん0517さん(@yurarinn.12)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

昨日は幡ヶ谷の素敵なサロンコンサートに行ってきました🎵 幡ヶ谷駅から、5分ほど、 閑静な住宅街に、 KM アートホールがありました🎵 ~チェロで聴くフランス歌曲とソナタ~ Melodies & Sonates パリオペラ座首席チェロ奏者 オレリアン・サブレ & 長谷川ゆき よき音楽は、、、 体に染み込むモノデスヨネ(*´-`*)ゞ 沁々スペシャルな至福の美しい時間が、、、 やっぱり❗19世紀が好きでたまらない( *´艸`)、、、、 そっと❗静かに現れた🎵音を楽しむ素敵❗ピアノ🎹と、 フランス🏰の優しい風と光をまといながら、 フワッ🍃と森の奥から✨、、、 表れたフォーレの歌曲集よりと ソナタ 第2番 1921年 パリ他、、 休憩をはさんで、、、 フランクのソナタ(ヴァイオリンまたはチェロのためのソナタ)、、1886年 パリ 最後は、、、 サン・サーンスの大好きな🍀😌🍀「セレナーデ」1862年 パリ そして🎵アンコールは、、、 サン・サーンスの「白鳥」、、、 こらえ切れず❗ヽ(;▽;)ノでしたとさっ😭😭😭 KM アートホールのピアノ🎹は、 1900年代初頭のスタインウェイ🏰だそうです、、、 聞かせて頂くのは❗2回目ですが、、 長谷川ゆきさんの繊細なタッチに❗ 温かく❗柔らかスペシャルな時間が流れて、、、 オレリアン・サブレさん(パリオペラ座首席チェロ奏者)、、、 澄みきった青空に、、、 自由に飛び回る、、、 ちょこっとシャイ✨で、、 翔びきり情熱溢れる音楽家さん🎼🎻、、 どこに住んでいても、、、 言葉の違いや☀、 どんなに時代が変わっても、、、 人として🎵(*゜ー゜)ゞ⌒☆ 抱えている想いの切なさや、、 感じている風の囁きも、、 森の生きている微かな🍃ため息も、、、、 みな、、、、 同じなのかもと、、、ふっと、、、 目に浮かんだ瞬間は胸熱🎻でした🎵 チェロ✨( *´艸`)素敵❗ 音楽家さんのお人柄が、、、 美しい瞬間を、、、 またまた、、、 魅せて頂きましたヾ(*´∇`)ノ ありがとうございます( *´艸)、、、 Merci beaucoup ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚、、、 長々と、つい、、、すいません お付き合いくださり感謝デスン💓 砂漠は❗ピアノ🎹と、、 室内楽で、。・゚・(ノ∀`)・゚・。、、、 ゆきさんのCD欲しかったから🎵そこも嬉しい😃💕 #長谷川ゆきさん #オレリアンサブレさん #パリオペラ座首席チェロ奏者 #KMアートホール #フォーレ #フランク #サンサーンス #幡ヶ谷 #初台 #フランス歌曲 #美しい音色 #サロンコンサート #19世紀 #チェロ好きかも #ありがとうございま

たえたん12さん(@yurarinn0517)がシェアした投稿 -

“Toyo University Orchestra’s regular concert. The works were “In the Steppes of Central Asia”, Peer Gynt and Tchaikovsky 5. I have completed the questionnaire “No particular reason, my heart skipped a beat.”

While most Japanese conductors care about vertical alignment of music with “downbeat,” emphasizing downward motion of baton, Hasegawa kept melodies singing vividly with the effective “upward” rebound to the rhythm. The way she gives instruction with the left hand is full of musicality and nuances, allowing such instruments as second violin, hardly audible otherwise, to substantially stand out. She didn’t rush to get to the big climaxes, consistently unleashing energy and there was no shortfall in the power of explosion. In Waltz from the “Sleeping Beauty” by Tchaikovsky played as an encore, sometimes she conducted the triple measure in two motions to produce changes – the approach that Carlos Kleiber often employed, giving us a glimpse into immeasurable potential of the rising conductor. I felt her Tchaikovsky was more like a dream of the composer’s longing for the Southern Europe than a pure Russian interpretation. An impressive debut of the conductor far beyond my expectation.
(By Takuo Ikeda, music journalist (Translated by Akiko Ichikura)
Toyo University Orchestra conducted by Yuki Hasegawa Saitama Sun-Azalea Hall – 23rd December 2013
Full Program Borodin: “In the Steppes of Central Asia” Grieg: Excerpts from “Peer Gynt” Suite No.1, Op.46 and Suite No.2 Op.55 Tchaikovsky: Symphony No.5 in E minor, Op.64 Encore Tchaikovsky: Waltz from the “Sleeping Beauty”

-While Yuki conducts, I become motivated to perform as she draws. I don’t know why, but.
-Yuki understand deeply this music. (2e movement of Beethoven’s 4th Symphony).I am pleased to interpret it with her!
(Member of the Orchestre de Cannes)

Ms. Yuki Hasegawa participated in my Conducting Course and Competition with the Duna (Donau) Symphony Orchestra in Budapest in August 2013 with a remarkable success and achieved the 1st prize. Ms. Hasegawa’s outstanding interpretation won the Orchestra’s sympathetic attention from the very beginning. Her musical intelligence, comprehension, and realization of the scores proved her extraordinary talent. I recommend, with my warmest belief, this highly gifted and cultivated artist to be supported and trusted in her strong responsibility in performances.
(Prof. Michael Dittrich, Wiener Symphoniker a. D.)

Unlike typical regular concerts, it was suddenly fully colored.
(Video recording engineer in Japan)

She is friendly (with State Youth Orchestra of Armenia). She is true musician, and also she knows musicians’ psychology and knows how to talk with them.
(Isaac Karabtchevsky, conductor)

“She speaks from the same height.”
“She gives us courage.”
“Her rehearsals are delightful.”
(Member of West Tokyo Philharmony Orchestra)

“They have strong individual way of expression. They have a way of musical interpretation, which goes by far beyond a simple playing. It is the artistic “Aura”, which makes this playing worth listening for a greater public.”
For Duo Cordiale with flutist Mika Takeuji, from Prof.Arnulf von Arnim (pianiste)

I feel that we share the same desire of musicality and sensitivity. With Yuki, I feel free to find beautiful sound colors, and to play smoothly. It’s a chance to perform together! (Jean-Pierre Lacour, ex-member of the Orchestre de Paris. After the 1st rehearsal in 2009.)

ハイレゾ音源サイトでピアノを拝聴しました。 胸の奥へスーッと浸透しながらじんわりと広がるピアノの音色が 色や表情を変えながら聴き手を包み込む感覚が心地よく、 もっと聴いてみたい、という気持ちになりました。
(Twitterフォロワー 柊希様より)